株式会社ウラカワ建装

0800-200-7291

新着情報

新着情報

塗装してはいけないとき〜6つのパターン〜

ホームページをご覧いただきありがとうございます。
立春を過ぎたとはいえ、寒さが厳しい日が続きます。
皆さま体調にはお気を付けください。

 

 

さて、本日は塗装の豆知識として「塗装してはいけないとき〜6つのパターン〜」をご紹介します。

 

① 気温が5度以下の場合
気温が下がると、乾燥の進みが極端に悪くなります。
また、気温が低いときは、
外壁や屋根の表面には結露などの水滴が残っていることも多くあります。
5度以下になると、塗装に向かないと考えることが多くあります。


② 相対湿度が85%以上のとき

③ 降雨・降雪のとき

④ 強風のとき(ホコリが多いとき)
このようなときには「白化現象」といって、塗装の仕上がりが白くぼけることがあります。
とくに金属部分で発生するケースが多く、こういった場合にも施工は控えます。

⑤ 炎天下のとき
鉄部などの被塗面の温度が高くなってしまい、仕上がりが影響を受けます。
泡を生じたり、ムラができたりすることがあります。


⑥ モルタル・コンクリートなどの養生不足
モルタルやコンクリートは乾燥していない状態のときは
アルカリ性が強く、その上に塗装を施すと仕上がりに影響が出ます。

 

最近の塗料は、雨天などの悪条件でも塗装できるように
商品開発されているものもあります。


 

お問い合わせフォームは コチラ

株式会社 ウラカワ建装

〒468-0047

愛知県名古屋市天白区井の森町17番地

TEL:052-892-7291 / FAX:052-892-4432

Copyright © 株式会社ウラカワ建装 All rights reserved